スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

APS-Cサイズのデジタルカメラ

 私が最初の購入したデジタル一眼レフは、キヤノンのEOS kiss Nでした。
 これは、長らく使用していた、フィルム一眼レフのEOS55が壊れてしまったからでした。
 そして、しばらく使いましたが、どうしてもニコンD90が欲しくて、すぐに買い替えたのでした。
 次に、ニコンD7000が発売され、デジタル一眼レフって寿命が短いねと思いながら買い替えました。
 また、なんとなく凄い一眼レフが欲しくなり、ニコンD300sの中古まで購入。
 ここまで、全てAPS-Cサイズの撮像素子のデジタル一眼レフでした。

 しかし、フルサイズのデジタル一眼レフってどんなに綺麗に撮れるのかと思いながら、ニコンD700を中古で購入。これが素晴らしいデジタル一眼レフでした。ちょっと飽きかけていた写真熱が復活してきました。
 さすが35mmフルサイズの撮像素子、ボケが綺麗でした。

 その後、中古デジタルカメラにはまり、ペンタックスのK-3やソニーα6000(いずれもAPS-C)を購入したりしました。
 昨年12月には、ソニーα7Ⅱの購入に至りました。
 そして、この時、資金を捻出するために、APS-C機を全て売却しました。
 なぜかって、お金が必要だったこと、また、望遠を使うような撮影をほとんどしないので、APS-C機の優位性が必要なかったことです。

 こうして、私のデジタルカメラは全て(ニコンD700とソニーα7Ⅱ、全部で2台だけですけど)35mmフルサイズデジタルカメラになりました。
 フルサイズってどこがいいか?レンズの焦点距離そのままに使えるのがいいですね。
 一応、フィルム一眼レフからカメラに接していますので、レンズの焦点距離はフルサイズになれ切っていましたので。


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

にほんブログ村始めました
にほんブログ村ランキングに参加中です。下記バナーのクリックに御協力お願いいたします。
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
プロフィール

文具事務

Author:文具事務
万年筆、文房具、スニーカー、ブーツ、自転車、群馬など「好きな物や興味があることをなんとなく、やんわり」ブログに書いております。実際は靴が一番好き。写真はハイダイナミックレンジ合成が好き…なるべく写真付きで記事を書いています。気まぐれで過去の記事を再編集することもあります。

ホームページやブログへのリンク
登録順です。
タグリスト

カテゴリ
こんなことを書いています
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。